【剣道】ベトナムでの稽古動画&写真

こんにちは、川名慶彦です。

 

初海外、剣道

 

『ホーチミン剣友会』という団体の稽古に入らせていただいた。

 

ベトナムに行く前にリサーチしていた時に、メールでコンタクトを取り、了承を得ていたからだ。

 

 

この動画の相手は、ホーチミン剣友会の先生(3段)。

 

かなり体育館の床が固く、サポーターを付けていなかったらカカトが壊れそうだった。

 

地稽古で一本取得して、切り返しをおこない、稽古終了。

 

 

大学の学園祭で稽古披露

 

ホーチミンの大学でおこなわれた学園祭のステージでの剣道パフォーマンス。

 

まずは、木刀で日本剣道形を1~3本おこなった。

 

 

その後、ここの大学生とメンを付けての稽古のパフォーマンス。

 

 

ステージのスペースが狭く、すり足での距離が短くなるため、非常に難しかった。

 

勢い良く行くと、ステージから落ちるので。笑

 

次に、ベトナム人(初段)との地稽古。

 

 

即、コテを決めたが、あまりにも早く終わるとパフォーマンスにならないので続行。

 

背景にある壁というか板に体当たりして揺れているので歓声が聞こえる。笑

 

最後はメンを決めて、終了。

 

 

 

日本語学校での合同稽古

 

ホーチミンにある日本人が通う学校の体育館では、移住した日本人が主催している剣道クラブがあった。

 

そこでは5段・6段の先生方もいて、すごく勉強になった。

 

 

 

U先生(6段)はメンのスピードがかなり速かった。

 

近間での攻め合いになったが、一本勝負で僕のメンが先に決まり、終了。

 

次の相手のN先生(6段)は、スキがない構えをしていた。

 

 

相メンや攻め合いの後、スリップで倒れたあとの一本勝負。

 

そこで僕は精神を集中して、ZONEに入った。

 

「コテ打ちで相手のメンを誘発してそのメンを返してドウ打ちで取る」という無心の打ちが決まった。

(「ここでコテ・ドウだよ」って聞こえた気がした)

 

無心の打ちを動画で確認できてよかった。

(後ろ姿からの撮影だったので惜しいが、撮ってくれたベトナム剣友には文句は言えない)

 

最後は、ベトナム人との地稽古。

 

 

こういった若くて速い剣道をやるベトナム人と稽古できて楽しかった。

 

スピードあるメンがくる瞬間を読み、カウンター技の「メン返しドウ」で流し打って一本。

 

 

ハノイで合同稽古

 

ホーチミンから国内線の飛行機で約2時間のところにある、ハノイ。

 

ホーチミン剣友会のメンバーが連絡をとってくれて、ハノイでの剣道をやることになった。

 

動画はないので写真をアップ。

 

 

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

 


こんにちは、川名慶彦です。

僕は福島県生まれの田舎育ち、
銀座で働く元ブラック企業のサラリーマン。

今では脱サラして好きを仕事にすることで、
5ヶ国以上の国を自由に旅しながら、
月100万以上稼ぐことに成功しました。

お金も人脈も才能もコミュニケーション力もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
サラリーマンを辞めて好きなことで
独立起業するくらいの収入と
自由な時間は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって脱サラ起業して好きなことだけで
月収100万以上稼げるようになったのか、
テレビに出演してアーティストとしても成功できたのか、
20冊以上の本を出版して多くの起業家に
コンサルティングするようになったのかなど、
下記の記事で公開しています。

→ 『凡人の告白』ブラック企業ダメリーマン→月収100万アーティストのリアルな物語を読んでみる

常識がぶっ壊れる過激なメルマガをお届けしています。

→ 非常識な新世界を楽しみたい人はこちらの境地へ

 

 

期間限定プレゼント!

「23才の凡人がパソコン1台で脱サラ起業して
テレビ出演&自伝本を出版した」人生逆転成功物語

 

 

好きなことで自由に楽しく生きる成功方程式がストーリー形式で学べます。
本書は「ジェットコースターのような人生」を疑似体験できて
楽しく読めて学べると読者さんから好評です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す