【剣道】鏡開き稽古

剣道の鏡開き稽古に参加してきた、川名慶彦です。

真冬の稽古は寒くて厳しく、中学生時代を思い出します。

 

2017年・鏡開き

 

道着と袴を着装したまま、外を歩いて稽古場まで行くのは、結構寒い。

 

稽古場を自宅からもっとも近い場所ではなく、「行こう」と思って多少距離がある稽古場を選んだのは、剣道を本気でやれるかという自分なりの戒めでもある。

 

特に自転車を使わないので、基本的に徒歩。

 

結果、それが稽古前に身体を温めるスタンバイになっている。

 

 

おしるこ

 

朝稽古後、小学生剣士のお母さん方がつくった『おしるこ』が振る舞われた。

 

僕は餅を7個ほどいただいたが、ある先生は20個も平らげていたらしい。笑

 

 

まとめ

 

今年、達成すべきことは、「これまで参入してきた全分野の底上げ」と「思想のベースになっている剣道をとおした心身の鍛錬」「誰もやったことがない分野の新規開拓」の3つに絞りたい。

 

川を流れる木の葉のように、すらりすらりと、自由に伸びやかに自然に任せて進んでいく。

 

そのような、何かに運ばれる生き方に移行していこうと思う。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す