【剣道】合格率28.6%だった昇段審査は狭き門

親善試合の稽古に参加させていただきました、川名慶彦です。

初めて二刀を使う剣士と立会して、未だ攻略できる策が見つかりません。笑

 

昇段審査の合格率

 

 

1年に3回ある、剣道4段&5段の昇段審査。

 

前回は「22%」と載っていたが、今回は少し合格者が多かったようだ。

 

 

昇段者リスト

 

 

こうして剣道連盟のホームページに、所属区・氏名・年齢が掲載される。

 

4段では68才の方が最年長だった。

 

剣道は、何歳からでもスタートでき、何歳からでも昇段審査を受けられる。

 

すべては本人のやる気次第。

 

4段合格した現在、4年後に5段が受審可能になる。

 

5段合格後、5年後に6段受審可能。

6段合格後、6年後に7段受審可能。

7段合格後、10年後に8段受審可能。

 

あくまで、「受審することが可能」であって、高段になればなるほど合格率は低い。

 

スムーズに合格するほど甘くはないが、7段を40代後半~50代前半に取得できれば理想。

 

 

まとめ

 

お世話になっている剣友会の皆さんとの写真。

 

 

おかげさまで、毎回の稽古をとおして上達することができている。

 

ようやく、大会で試合をやりたいと思えるようになった。

 

学生時代に戻り、「真剣勝負で勝つ」という喜びを再び感じたい。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。
無料E-BOOKダウンロードページ

無料E-BOOK

この無料電子書籍では、「お金がない」「人脈がない」「才能がない」何も取り柄がない超凡人でも、好きなことで「テレビに出る」「本を出す」「世界を旅する」など夢を自由に楽しくかなえるための「成幸法則」をまとめました。

>ダウンロードページはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です