【教育】プロのそば打ち職人3人から手打ちを学ぶ

そば打ちにハマっている川名慶彦です。

 

なぜ、蕎麦なのか?

 

脱サラ後、アーティスト活動で全国各地に行く度に、現地の蕎麦を食してきた。

 

中庸の食べものである、蕎麦。

 

いつの間にか、蕎麦好きになり、「蕎麦だけ食べて生きれないか」という極端な思考になった。

 

多種多様の手打ち蕎麦を食してきて、どれとして同じものはなかった。

 

「いつか、自分で打った蕎麦を食べたい」

そう考えるも、蕎麦打ちという職人芸はかなり厳しいと思っていた。

 

なので、一流だと思える蕎麦打ち職人3人から学んだ。

 

 

一流から教わる蕎麦打ち

 

どうせゼロから習うならば、一流の職人から学びたいものだ。

 

1人めは、近所にある蕎麦屋の店主。

 

足を運び常連客となることから始まり、「地下にある巨大音響機器で好きな音楽を流しながら蕎麦打ちする」現場で、蕎麦打ちを見せていただいた。

 

年末年始、蕎麦打ち初心者の僕は、ここで「蕎麦を切る前の練りの段階」をひたすら手伝うことで身に付くことになった。

 

2人めは、都内の神社の近くにある蕎麦屋。

 

ここではわざわざ面接まで受けてスタッフとして潜り込み、「14才からずっと蕎麦打ちを続けている職人」に教えていただいた。

 

スタッフとして勤務時間以外に「見学すること」から習うことで熱心さも伝わり、動画撮影も許可してくれた。

 

しかし、蕎麦打ちを一人でできるようになる直前、職人さんが退社することになったので、退社される前に質問攻めして動画を撮影して、僕もそこを去った。

 

マイナーなそば打ちエッセンスを学べた。

 

3人めは、脱サラ蕎麦打ち職人がいる蕎麦屋。

 

ここも常連客となり、カウンターで職人さんと話しているうちに仲良くなったパターン。

 

早朝から蕎麦打ちをされている70代のこの職人さんは、30代で脱サラして蕎麦屋を開業された。

 

早起きして現場を見ながら、インタビューしながらノウハウを学んでいった。

 

以上、この3人に学びながら蕎麦を打った。

 

 

ジジイになったら蕎麦三昧

 

「隠居したらそば打ちしてそれを食すライフスタイルを送りたい」と思っていたことから、そば打ちを本格的に学ぶことになった。

 

『かえし』から創る『そばつゆ』も研究を重ねている。

 

『薬味』や『天ぷら』なども試行錯誤したい。

 

 

まとめ

 

職業にしようとは思わないが、生涯、そば打ちは続けたい。

 

『二八蕎麦』をマスターしたら『十割蕎麦』をマスターしよう。

 

そば打ちの次は、どんなことにハマるのだろうか。

 

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。
無料E-BOOKダウンロードページ

無料E-BOOK

この無料電子書籍では、「お金がない」「人脈がない」「才能がない」何も取り柄がない超凡人でも、好きなことで「テレビに出る」「本を出す」「世界を旅する」など夢を自由に楽しくかなえるための「成幸法則」をまとめました。

>ダウンロードページはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。