【教育】子どもの心を持って真の自由を手に入れる重要性

こんにちは、川名慶彦です。

今回は、『子どもの心を持ち続ける重要性』を解説していきます。

 

子どものように、自由から学ぶ

現代社会ではあらゆる『しがらみ』があり、上手く対処しないとストレスを溜めることになる。

このストレスという目に見えない有害は、心身ともに多くの元凶となるので要注意と言わざるをえない。

「まだ行ったことのない地へ足を運び、まだ出会ったことのない人と交流し、縁に感動し合い、新しい発見の連続から多くを学ぶ」

これができるための真の『自由』というものは、一体どれくらい価値があるだろうか。

 

100億円?

高級な高層タワーマンション?

高額な宝石?

高級車?

レアなブランド品?

これらを手に入れるためにあくせく働く人は、確かに多い。

それは情報と教育によって、『物質にこそ価値がある』と思い込まされているから。

しかし、それら『目に見える物質世界のステータス』を手に入れても、『魂が望む本当に手に入れたいもの』は手に入らない。

 

真に自由な翼を手に入れる

それは、人生を自在にコントロールする『自由』というハンドル。

そのハンドルがないと、情報や時代に支配され続け、あやつり人形のように生かされることになってしまう。

贅沢品に囲まれ、ゆったりとした時間を過ごせたとしても、「心を解放させたストレスフリーな自由の領域で生命エネルギーを注げる空間」とはまったく別物だといつか気づくだろう。

それは60歳を越えて気づくのかもしれない。

20歳で気づくかもしれない。

物事の本質に気づくタイミングは、人それぞれ違う。

比較する必要はないが、若くして本質に気づくことができれば、何事も最短最速のルートでゴールまでたどり着けるようになる。

 

まとめ

あらゆる洗脳から脱して、真の自由を手に入れよう。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

コメントを残す