【教育】自分にウソをつける人、つけない人

こんにちは。芸術起業家の川名慶彦です。

『ハリーポッター』シリーズで有名になった著者『J.K.ローリング』さんは、生活保護を受けていた時、カフェでコーヒー1杯だけ注文して8時間も座って執筆していたそうです。

 

誓約をつける意味

「文章を執筆すれば、飛ぶように本が売れる」

そんな保証は当然ない。

 

「新作を描いたから、飛ぶように絵が売れる」

そんな保証はない。

 

「漫画を描いたから、飛ぶように単行本が売れる」

そんな保証はない。

 

そもそも人生に保証はないのだが同様に、夢を追えばかなう保証もない。

けれど、思考を現実化させようと努力する姿は、自他の人生を輝かせる。

 

何かを生み出すクリエイティブな人は、必ず「産みの苦しみ」を味わうことになる。

 

それが報われる時は、「目に見える結果」を出せた時。

 

「あの頃はキツかったけど、やり切ってよかった~!」

その時ようやく、「産みの苦しみ」の有り難さが分かる。

 

けれども、自分に打ち克てる人は多くはいない。

 

自分に負けて、すべてを後回しにすることは楽で簡単。

挫折するくらいなら、『誓約』をつけるといい。

 

 

自分に誓って自分と約束する

結局のところ、自分を信じることができないと、行動しないようになる。

 

言ったこととやっていることが合わなくなる。

宣言したことに成果が生まれないと、その宣言がウソになる。

 

つまり、「自分自身にウソをつく」はめになる。

すると、「目に見えない」エネルギーは逃げていく。

 

だったら、どうすれば自分にウソをつけなくなるのか。

 

「これをやらなかったら、できなかったら、マイナスをかぶる」

そういったリスクを自分で負うしかない。

 

そのリスクは、「自分だけが痛い思いをする」ことであれば何でもいい。

 

例えば、「パソコンや高額な愛用品を売る」「水だけで3日間過ごす」「24時間寝ずに肉体労働する」など、精神的苦痛を味わうリスクを負った誓約をつけるといい。

 

それでもできないほど自分に甘いならば、他人に宣誓して約束を守るしかない。

 

つまりは、自分にウソをつく生き方は成し遂げられることが少なくなり、カッコ悪い。

そうなると当然、何かを発信するパワーも弱くなる。

 

どうせ生きるなら、自分にウソをつかない生き方をしたい。

 

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。
無料E-BOOKダウンロードページ

無料E-BOOK

この無料電子書籍では、「お金がない」「人脈がない」「才能がない」何も取り柄がない超凡人でも、好きなことで「テレビに出る」「本を出す」「世界を旅する」など夢を自由に楽しくかなえるための「成幸法則」をまとめました。

>ダウンロードページはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です