【教育】スリランカの学校で初の剣道体験授業

『スリランカ』で『剣道』の体験授業をさせていただきました、川名慶彦です。

 

剣道を知らないスリランカ

 

昨年、『ベトナム』の『ホーチミン』と『ハノイ』の2カ所で剣道をやって文化交流してきた。

 

(ベトナムでは社会人からはじめる剣士が多い)

 

しかし、『スリランカ』では剣道がまったく普及していない。

 

なので、経験者がいる学校で生徒に体験させながら披露することになった。

 

 

 

スリランカで初の剣道体験レッスン

 

剣道の理念を説明した後、小学生・中学生20人ほどに竹刀を持たせて『メン打ち』の稽古。

 

そして、竹刀での『素振り』を繰り返し、実際に防具一式を身に付けた僕と学校の先生にメンを打ってもらう稽古。

 

当然、初めての体験なので手足はバラバラだが、低学年の生徒は楽しそうにやっていた。

 

 

 

体験した小学生・中学生の感想文

 

懸命に竹刀を振っていた、小学一年生の女の子から感想をいただいた。

 

タイトル:けんどう

感想:わたしは、けんどうが、けっこうおもしろかったです。

けんどうは、けんをもつのがすきです。

いちばんおもしろかったのは、めん!というところがすきです。

わたしは、もっとけんどうが、したいなぁと、おもっていました。

けんどうがとてもすきでした。

 

 

また、国籍はスリランカの中学二年生の女の子からこういう感想をいただいた。

 

タイトル:初めての剣道体験

感想:剣道は日本の剣術を競技化した武道だそうだ。

剣道に関して未知識である私の剣道に対してのイメージは面白味のないスポーツだった。

でも今日の授業で少し剣道の魅力が分かった気がする。

剣道は他のスポーツと違い礼儀を大切にするスポーツだという事に気づいた。

剣道は一対一。

自分の忍耐と決断力で戦わなければならない。

剣道をしている時、スプレーアートをしている時の川名さんの姿を一言で言うと「かっこいい」しか出て来ない。

でも簡単にかっこよくなれるわけではない。

「かっこいい」は沢山の経験が積み重なって出来るものだと思った。

 

 

 

感想文&絵日記

 

かわいい文章と絵が満載の、スプレーアート&剣道の絵日記はこちら。

 

> 剣道を体験した小学生・中学生の絵日記を読む

 

 

まとめ

 

『ベトナム』に続き、『スリランカ』での剣道は楽しく、深い学びになった。

 

また海外を旅した時は剣道を通して文化交流をしたい。

 

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す