【教育】77才水彩画家の人生相談

天気がいい春の散歩が気持ち良い。

しかし、人の心は必ずしも『晴天』ではない。

 

●77才水彩画家の人生相談

 

連休、隣駅近くの大きな公園でイベントがあるらしく、見学がてら散歩に出かけた。

 

木々や花を眺めながら園内を歩いていると、水彩画を描いている白髪の女性を見かけた。

 

イベントを見たかった僕は、彼女が描いている風景画の感想を一言述べて、その場を去ろうとした。

 

「綺麗ですね」

すると、その女性は嬉しそうな笑みを浮かべた。

 

「油絵は重ね塗りができるけどね、水彩はそれができないの。なおせないとこが難しい。けど毎年コンクール出してるのよ」

 

若い頃からたしなんでいた油絵から水彩へ移行する難しさや、毎年恒例の展示について楽しそうに話してくれた。

 

そして絵の話題からなぜか突然、自分の息子について話し始めた。

 

重度の『飛蚊症』や『スラッシュ』という視界に閃光が飛ぶ現象が起きて、いきなり片目が見えなくなったとのこと。かなりヤバいらしい。

 

初対面にもかかわらず、ここまで深く話してくるのはただ事ではない。ましてや、ただの凡人に。

 

「例のアレかな」

そう感じた僕は彼女の隣に座って話を聞いた。

 

つづく……といいね

 

※今回もノンフィクションなのでプライバシーを守ってます

 

 

●今回の『知覚動考』

 

人といふ人の心に 一人づつ囚人がいて うめくかなしさ

by 石川啄木(詩人)

 

 

●追伸

テレビのロケ現場へ(^^)

新しい番組の出演なので楽しんで経験値上げてこよう。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。
無料E-BOOKダウンロードページ

無料E-BOOK

この無料電子書籍では、「お金がない」「人脈がない」「才能がない」何も取り柄がない超凡人でも、好きなことで「テレビに出る」「本を出す」「世界を旅する」など夢を自由に楽しくかなえるための「成幸法則」をまとめました。

>ダウンロードページはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です