【教育】夢の結晶化の先にある真理

人は誰しも、理想の未来を、「~~なような自分」を思い描いている。

そういった夢・理想を、現実にあるかのように想像することは
時間を忘れるほど楽しいという人もいる。

もちろん、誰でも努力すれば100%必ず結果が出る、というわけではない。

そんなに簡単な夢ならば、多くの人がもっと魅力的に生きているはずである。

では、願ったことがそのまま現象化するのが良いのだろうか?

確かに、夢を叶えられないより、叶える方が圧倒的に
楽しいし、成果が目に見えるのは充実感もある。

しかし、情熱を注げる夢があることをラッキーと思っている人は多くない。

情熱そのものを持っていること自体、
かなり幸せ者だということに気づく人は少ない。

多少なりとも、一般人が不可能だと思える夢を
叶えてきた実体験から言えることがある。

それは、「たとえその夢が叶わなくても、幸せ者である」ということ。

世の中には若くして夢を諦め、つまらないと心底思いながら
毎日を過ごしている人が後を絶たない。

朝目覚めてからやるべきことに追われて動き、
疲れて眠りにつき、そしてまた同じ朝がくる。

目に光がない大勢の大人を子どもは見て育つため、そうなるのは仕方がないことかもしれないが、どうせ生きるならば楽しく生きたいと本当は誰しも願っているはずである。

刺激が少ない淡々とした人生が良いのか、刺激が多い激しい人生が良いのか、本当は自分が選ぶ権利を持っているにもかかわらず、だ。

僕自身、まだまだ発展途上だが、夢を叶え続けると
異次元世界のような新しい境地にたどり着くことは体感している。

「どうせ失敗する」「そんなこと考えてバカじゃないの」「ただの変人」など、一般人からすれば気違いで非常識な夢。

自分でも実現するかなんて分からない夢。

そんなぶっ飛んだ夢を本当に実現した後に
待っていたのは、ある一つの真理だった。

それは、

「何かを求めて追いかけるその姿こそが

魅力的で輝く存在そのものである」

ということ。

そして、それ自体が尊い行為なのだということである。

「現状満足は決してしないが、現状に幸福を感じる生き方をする」

そう僕はしみじみ噛み締めながら、また次の夢に向かっている。

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。
無料E-BOOKダウンロードページ

無料E-BOOK

この無料電子書籍では、「お金がない」「人脈がない」「才能がない」何も取り柄がない超凡人でも、好きなことで「テレビに出る」「本を出す」「世界を旅する」など夢を自由に楽しくかなえるための「成幸法則」をまとめました。

>ダウンロードページはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です