【精神】現実と精神の融合

盆栽を育てているジジイな川名慶彦です。

 

すべては裏と表で構成されている

 

「この世はどうやら、真に覚醒する人を減らして奴隷的国民を増やしたいようだ」

そのことにうっすら気づいたのは、大学4年生の頃。

 

しかし、学校と家庭での教育のおかげで一旦、就職するが結局、脱サラすることになった。

 

そして、目が覚めた。

 

26才の時に行ったネパールでは「お釈迦さま」で知られる『ブッダ』の生誕地で不思議な創造物に出合った。

 

そこで「目に見えるモノは目に見えないモノから生まれる」ことを体感した。

 

ある洞窟に入ると、雨漏りしているのか水が滴り落ちている。

 

がしかし、外に出てみると太陽がさんさんと照っている。

 

ほかには、どんどん面積が大きくなっていく聖域にある石。

 

「地面に埋め込まれている石って成長するの?」

常識では考えられないことが当たり前のように起こっていた。

 

それらの疑問を現地人に問うと、「そういうものだ」と返答される。

 

現実と精神の融合を、日本とは真逆のインドやネパールから影響を受け、その特有の思想から僕の世界観はひっくり返った。

 

テクニックよりも、マインド。

小手先よりも、大局。

世間体よりも、生き様。

 

20代中盤の経験が、貴重な財産になっている。

 

 

精神力をいかに具現化できるか

 

それからというもの、僕は「普通にはできない魔法のような創造物の創作」を追求することになった。

 

それは、知識や経験、スキルなどの向上に比例しない、『道』の追究でもある。

 

それこそが僕を、「金を創り出す錬金術の応用バージョン」へと向かわせた。

 

質量の微妙な組み合わせと特異なDNAや素粒子から生まれる、エネルギー体の変容調合法。

 

数学と科学と生物学は高校の理系クラスで役に立ったが、海外の歴史や脳科学については勉強した。

 

気が遠くなる実験のおかげで、アートとして使う道具も、飲む水、吸う空気も料理にも、それを応用できるようになった。

 

その「非物質化への書き換え」とも言える能力は、誰かに何かしらの影響を与えるものになった。

 

 

まとめ

 

「影響力の武器」を活用することで、困難な人生という道を切り拓くことができる。

 

その通過点で、夢や目標を達成する。

 

今ではそれが間違いなく実現できると、確信している。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。
無料E-BOOKダウンロードページ

無料E-BOOK

この無料電子書籍では、「お金がない」「人脈がない」「才能がない」何も取り柄がない超凡人でも、好きなことで「テレビに出る」「本を出す」「世界を旅する」など夢を自由に楽しくかなえるための「成幸法則」をまとめました。

>ダウンロードページはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。