【植物】75才の男女と盆栽オークションで落札してみた

盆栽のオークションに参加してきた、川名慶彦です。

 

ジジイの最高峰の趣味

 

千円単位で価格が上がって競りに落とす、オークション。

 

骨董品や絵画などではよく耳にしていたが、盆栽業界でもそれがあることを先月、初めて知った。

 

その理由はこちらの過去記事を参照あれ。

【植物】オークションで落とされる価値ある樹々

 

 

静寂に始まる奇妙な宴

 

暗くなってから半屋外に会場が設置され、参加費を払う列ができる。

(ビールを受け取る紳士もいた)

 

その後、弁当と飲み物をもらい、30人ほどの70代の男女たちと談笑しながら待つこと1時間。

(みんな白髪なので、僕だけ浮いている。笑)

 

2016-12-03-18-03-12

 

オークションに出品されるものは、このようなレールの上を手動で流れてくる。

 

盆栽オークションの司会の推定75才の紳士が、ユニークに落札を促すトークをし続ける。

 

様々な鉢や樹、花、たまにメダカが流れてくる盆栽オークションの前に、「こんな盆栽ってあり!?」と目を付けていたものが1つがあった。

 

そして、できればそれを落札したいと、オークションの雰囲気を楽しみ、ジジイたちに囲まれながら思っていた。

 

 

まとめ

 

オークションで初めて落札した盆栽は、『柚子』の樹。

 

樹に対して黄色の実が大きく、インパクトがあって、希少価値が高い。

 

「盆栽=松柏」と思いがちだが、意外性があるものの方が僕は好きだから、これを落札した。

 

冬はほとんどの樹は落葉して枝ぶりを見せるため、「目利き」のレベルが上がる気がする。

 

それは、新芽や花芽など春夏秋冬の状態をイメージできないと、容易に落札できないから。

 

また、ほかにも箱いっぱいになるくらいの樹々を手にすることになった。

 

2016-12-03-20-30-47

 

自宅に運ぶまでが大変だが、「どういう風に仕立てにしようかな」とイメージを膨らませながら帰路に着く。

 

それが右脳の活性化になり、アートも含め、創造するエネルギーとなる。

 

何もない空間から、どういう美を完成させるか。

 

盆栽から人生の道を学ぶキッカケを、75才の紳士にいただいた。

感謝。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。
無料E-BOOKダウンロードページ

無料E-BOOK

この無料電子書籍では、「お金がない」「人脈がない」「才能がない」何も取り柄がない超凡人でも、好きなことで「テレビに出る」「本を出す」「世界を旅する」など夢を自由に楽しくかなえるための「成幸法則」をまとめました。

>ダウンロードページはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。