【植物】90才から譲り受けた三河黒松&鞍馬石

90才の爺さんから譲り受けた三河黒松に感動中の川名慶彦です。

 

珍しい石、価値ある鞍馬石

 

鉢となっているこの石こそが『鞍馬石』。

 

 

相場ではこの石だけでも相当な価格になるのだが、今回、かなり良い幹肌をする『三河黒松』とともに譲り受けた。(苔は自分で後から張り付けた)

 

常緑である松は、これまでメインで育てていなかったので楽しみ。

 

盆栽にいつの間にかハマっていたら40鉢を超えていた。笑

 

 

まとめ

 

樹は人よりも長生きする。

 

だから、人一人分の人生では完結しない。

 

世代交代というか、今回は何とも不思議な巡り会いを感じる。

 

確かに、身内で盆栽の真善美を感じられる人がいなかったら、ゴミのように扱い、放置するか廃棄する流れになってしまう。

 

僕もこの90才の盆栽主のように、「自分が手入れできなくなったら、誰かに引き継ぎたい」と思う時がくるのだろうか。

 

感謝。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

AdSense



コメントを残す