【剣道】卒業で辞めていく学生へのエール

こんにちは、川名慶彦です。

剣道を一緒に稽古している学生が卒業しました。

 

春から新しいチャレンジ

「中学校で剣道をやめて、高校では軽音部に入る」

こういった学生と剣道をやっていた。

 

稽古の後、その男の子とその母親があいさつに僕の所へ来てくれた。

 

「夢はドラムのプロ。ドラマーになるために音楽の学校へ進学します。剣道は中学で辞めます」

15才のイケメンドラマーの卵、ぜひ夢をかなえてほしい。

 

 

アーティストというイバラの道

 

「(アーティストの夢を実現するのは)剣道の100倍、難しいですよ」

あいさつに来られたお二人に僕は経験談を話した。

 

剣道はあくまで実際に敵が目に見えるので経験がなくても、反射神経が良い人なら経験者にギリギリででも攻防ができる。

 

しかし、夢は目に見えず、思い通りにつかもうとしてもつかめない。

 

ましてや、ライバルがいる中、戦い勝ち抜かなければ実現しない。

 

だから、100倍難しい。

いや、それ以上かもしれない。

 

 

あふれる才能

 

「才能がありすぎて、剣道はつまらないだろうなぁ」

15才の彼の剣風を見ていたそう思った。

 

自分よりも強い人がいなくなると、歩む道で自分よりもに先に行く人がいなくなると、途端にやる気を失う。

 

だから、剣道を辞めて新しいことにチャレンジしたくなる気持ちも分かる。

 

 

まとめ

 

剣道を職業にする人は、学校の教師くらいしかいない現代、彼にはアーティスト(ドラマー)の夢を実現して活躍してほしい。

 

そして、剣道有段者のアーティストはそういないので、剣道で培った精神をアーティストの成幸に活かしてほしい。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です