【彫刻】 大理石!彫刻家になってみる

こんにちは。

大理石のブロックを彫っています、川名慶彦です。

 

彫刻というアート

 

彫刻の巨匠・ミケランジェロは、こういった思考を持っていた。

 

「完成形が見えているから、余分な部分を取る(彫って削る)だけ」

 

大きな四角形に切られた石のブロックをコツコツ彫っていく、彫刻という芸術。

 

ノミとハンマーを両手に持って、イメージに合わせてひたすら打撃していく。

 

『彫刻』は長時間かけて一つの作品をつくる。

 

『スプレーアート』とは真逆のアートの世界に踏み込んでみたら、見事にハマった。

 

 

 

断食しながら、夢中で彫る

 

「寝食忘れるほどの、何か」が見つかると人生は劇的に楽しくなる。

 

それが仕事であろうが、趣味であろうが、ボランティアであろうが、何でも良い。

 

その『何か』を見つけ、その世界に踏み込むと自分だけの『空間』ができあがる。

 

さらにそこで『無心』の境地に行くと、「すべてが満たされる摩訶不思議な世界」に没入することができる。

 

まるで、子どもの頃にタイムスリップしたかのようになり、実際に『子どもの心』を取り戻すようになる。

 

この『子どもの心』と現在の『経験』や『知識』を融合していくと、『夢』で生きられるようになる。

 

それを『ドリームワーク』と呼ぶことにする。

 

『ライフワーク』を推奨しているが、その先の『ドリームワーク』に昇華させるとあらゆることの循環が良くなる。

 

 

心身に疲れを残さないために

 

しゃがんだ姿勢で彫刻してハンマーで石を打ち続ける作業はかなり筋肉を使うので、半日も続けていたら全身の疲労感で相当重くなる。

 

翌日に疲れを残さないためにも、日々、お気に入りの愛用アイテムで一気に回復している。

 

お気に入りアイテム一覧

 

 

まとめ

 

『居合道』に続き、『彫刻』という新しいチャレンジ。

 

完成が楽しみだ。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です