【彫刻】300万円の大理石を破壊する狂気的なアート

こんにちは、川名慶彦です。

大理石の彫刻がついに完成して、『藝術時空館』に展示しました。

 

大昔から存在する便利な道具

 

「石と石をすり合わせて固形物を粉末にする」という『石臼』は昔からあった。

 

それは、「粉にすれば調理方法が増える」という利点があるかららしい。

 

確かに、米粒では食べられないが、粉にすれば何かに溶かしたり、鳥のえさなどにもできる。

 

木の実などのナッツ類も石臼でひけば粉状になる。

 

今では自家製粉で蕎麦を打つ蕎麦屋に置いてあるぐらいだが、昔は古民家に一台、石臼が置いてあったようだ。

 

 

彫刻制作57日目で蕎麦の実を挽く

 

コツコツ彫り進めていった『大理石』の彫刻がようやく完成した。

 

写真と動画で1本の制作過程動画をつくったのでご覧あれ。

 

 

 

 

天然の大理石と人工の大理石

 

建物のフロアなど、多くの場面で使われている大理石は『人工』のものがほとんどである。

 

それは当然、『天然』の大理石の方が貴重で高価だから。

 

多くの人はそれの見分けもつかないほど、人工大理石も綺麗に見える。

 

今回、彫刻で創った大理石石臼は、『天然』のものだと分かる地表面を残した。

 

それと、『大理石』といえば独特の模様を思い浮かべるが、彫刻には向かないことを彫っていて理解した。

 

模様の部分は粒子が粗いため、ノミで彫っているとそこが亀裂になり、予想外な割れ方をする。

 

なので、大理石彫刻に向く石は「粒子が細かい=模様がなく真っ白な大理石」ということになる。

 

巨匠・ミケランジェロが彫っていた『カラーラ』という大理石を使った彫刻だったので、精神的にも身体的にも非常にエネルギーを費やすアートだった。

 

その分、達成感は格別だった。

 

 

まとめ

 

石は人間よりも数倍、数百倍、生きる。

 

彫刻作品を残す芸術家は、己の思想をそれに注いできたのだろうか。

 

今はそう思えるようになったので、作品の寿命も考えて創作していきたい。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す