【精神】無言実行の先にある想念の核なるもの

こんにちは。川名慶彦です。

 

藝術時空館を創ってから、1年が経ちました。

 

有言実行の次のステップ

 

何かを成し遂げるためには、何かをエネルギーとして燃焼させなければならない。

 

有言実行。

 

宣言することによって自分を追い込み、行動へ促すことはよくある成功パターンの一つだ。

 

この有言実行は、「恥をかきたくない」「言ったからにはやらないといけない」といったプレッシャーを背負うことがキーとなっている。

 

では、宣言しない場合はどうだろうか。

 

プレッシャーを感じることはなく、「やっても、やらなくてもいい」という心境になってしまう。

 

けれど、それでも実行できる人は、不可能だと思われることも可能にしてしまう。

 

それは一言でいうと、『想念』の深さである。

 

 

想念から生まれる、有なるもの

 

人間は誰しも、四六時中、何かを考え、何かを思っている。

 

意識的にしろ、無意識的にしろ、想念がぐるぐる渦巻きながら生命が鼓動している。

 

人の想念は目に見えない。

 

しかし、その見えない想念こそがもっとも価値あることだと感じる。

 

なぜなら、すべてはそこから始まっているからだ。

 

想念から創造物を生み出すアーティスト・芸術家ならば、それが腑に落ちているはずである。

 

 

まとめ

 

言葉にも出さず、心で想うことで実現させる。

 

無言実行の『無言』の段階での『想念』。

 

これが源である。

 

そして、その凝縮された『核』を変容させることで、無から有へと生み出すことが可能となる。

 

もちろん、『想念』の深さに果てはない。

 

sponsord link

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

AdSense



コメントを残す