【剣道】水に映る月のように

剣道再開して楽しくやってる、川名慶彦です。

高齢者も少年も一緒に稽古できる場所は心地よいですね。

 

水月の心

 

「水月」とは、「水に映る月」のこと。

揺れる水に映る月は、歪んだ月である。

静かな水に映る月は、動かない月である。

濁った水に映る月は、ぼんやりした月である。

澄んだ水に映る月は、綺麗な月である。

月はいつでも動かず、美しいが、水によって、ゆらゆら揺れたり、汚くなったりする。

水は「心」である。

心を動かさなければ、物事の正しい姿が、はっきりと美しく見えてくる。

剣道の稽古は、叩き合いの練習ではない。

心を動かさず、心を清らかにするために行うのである。

人間の心は、決して強いものではない。

すぐに、驚き、恐れ、疑い、惑う。

この心の動きを静めるようにすることが、剣道の稽古である。

稽古を始める時には、水月の手ぬぐいを眺め、自分の心の水に映る月が澄んでいるか曇っているかを確かめること。

君たちが水月の手ぬぐいをきりりと締めて、強く逞しく、優しく美しい心の持ち主になってくれるように願っている。

 

by 剣道範士八段 村岡 裕

 

故・村岡先生に対面でお会いしたことはないが、剣道高段者の名言は数々残されている。

 

そしてその道を行く者はそこに共感したり、新たな発見から学ぶことができる。

 

剣道を再開した今現在、上記の言葉が心に染み渡った。

 

 

MY KENDO STYLE

 

そういえば、僕は『中段の構え』が好きで基本はそう竹刀を構えている。

(180cmくらい身長があれば、『上段の構え』になっていたかも)

 

が、気づけば中段の位置よりも下に下げて地と水平になるように構えて攻めるスタイルをとっている。

 

高校生時代、女子剣道部の部長からヒントを得たこのスタイルで大会を勝ち上がっていったことを覚えている。

 

名前をつけるとすれば、水面のように静かに攻めるそれは『水月の構え』になるのかもしれない。

 

 

まとめ

 

こういう選手名が入っている手ぬぐいも好き。「制覇」。

 

2016-11-19-20-40-32

 

大学で使っていた手ぬぐいはこれ。「明鏡止水」。

 

2016-11-19-20-37-35

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

 


こんにちは、川名慶彦です。

僕は福島県生まれの田舎育ち、
銀座で働く元ブラック企業のサラリーマン。

今では脱サラして好きを仕事にすることで、
5ヶ国以上の国を自由に旅しながら、
月100万以上稼ぐことに成功しました。

お金も人脈も才能もコミュニケーション力もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
サラリーマンを辞めて好きなことで
独立起業するくらいの収入と
自由な時間は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって脱サラ起業して好きなことだけで
月収100万以上稼げるようになったのか、
テレビに出演してアーティストとしても成功できたのか、
20冊以上の本を出版して多くの起業家に
コンサルティングするようになったのかなど、
下記の記事で公開しています。

→ 『凡人の告白』ブラック企業ダメリーマン→月収100万アーティストのリアルな物語を読んでみる

常識がぶっ壊れる過激なメルマガをお届けしています。

→ 非常識な新世界を楽しみたい人はこちらの境地へ

 

 

期間限定プレゼント!

「23才の凡人がパソコン1台で脱サラ起業して
テレビ出演&自伝本を出版した」人生逆転成功物語

 

 

好きなことで自由に楽しく生きる成功方程式がストーリー形式で学べます。
本書は「ジェットコースターのような人生」を疑似体験できて
楽しく読めて学べると読者さんから好評です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す