【思想】才能の種を増やす方法

人生を楽しむためには、『才能の開花』は必須条件ではある。

 

しかし、そんな簡単に才能を発揮して思い通りにコントロールできるのだろうか。

 

そのテストとしてここ5年間でやってきたこと。

 

それはつまり、「才能の種を追加して弱点を減らす」ということだった。

 

僕自身を例にすると、有形芸術の種・創造革命の種・体験学習の種の3つが一番育てやすかったため『スプレーアート』という一風変わったアートで開花させた。

 

口下手で、常に変な言動で周りを混乱させる職人タイプの画家。

常識内でいうならば、こんな画家になる。

 

確かにこういった画家は多いが、これではある意味、普通すぎる。

 

「ありきたりじゃつまらない」

「前例なき多難なことこそチャレンジする意味がある」

 

そう考えた僕は一般的な画家からテレビ出演、本の出版、大学での講義、セミナー、最新WEBコンテンツの制作、ITマーケティングも体現していき、陶芸や盆栽など他のアートを生み出す自由な芸術家へと昇華させていった。

 

・審美眼の種

・情報処理の種

・大衆弁舌の種

・財流転の種

・文筆の種

・独裁(カリスマ)の種

・組織管理の種

 

画家には特別必要ないこれらの才能の種を、あとから追加して地道にじっくり育てていったから。

 

それには種の開花が前提となり、剪定と植え替えをすれば誰でも可能になる。

 

不必要な枝を切り落とし、全体を整え、水はけが良い器に移し替える。

 

睡眠不要な強度なエネルギータンクに変更して、無尽蔵に咲かせたい花を自由自在に咲かせることができる。

 

法則を超えた法則の活用は、類を見ない結果を生むから楽しい。

想定内の花もあれば、予想以上の大輪を咲かせることもあるからだ。

 

才能の花を増やすということは弱点を減らすことになり、唯一無二の存在(オリジナル)になっていくことを意味する。

 

地球の法則を超え、天地の理をも超える『超飛』の1年が楽しみだ。

 

●今回の『知覚動考』
現状満足するほど退化していく。

日々、進化!

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。
無料E-BOOKダウンロードページ

無料E-BOOK

この無料電子書籍では、「お金がない」「人脈がない」「才能がない」何も取り柄がない超凡人でも、好きなことで「テレビに出る」「本を出す」「世界を旅する」など夢を自由に楽しくかなえるための「成幸法則」をまとめました。

>ダウンロードページはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。