【思想】生かす未来、殺す未来

生きることは、
「ゆるやかに死につつある」ということ。

 

人間の歴史とは、
「選択」と「分岐」を足したもの。

 

つまり、いくつかのカードから
自ら選んだもので未来は創られる。

 

同時に、
他の選択肢が選ばれなかったということは、
「他の未来を殺してしまう」ということ。

 

存在することを許されなくなった「時」があるからこそ、
現在を生きている「今この瞬間」が存在している。

 

そして、
人生の大半は「宿命」が支配している。

 

宿命である育成環境、家族構成、
才能の種やバイオリズムなど
自らがコントロールできないことが
人生の土台になっているわけだ。

 

しかし、
人生すべてが決められているわけではない。

 

宿命は変えられないが、
未来は現在の自分の思考と行動で決まる。

 

それが、
「自由意志で運命を変える」ということ。

 

運命という名の永遠の鎖を
解き放つ者になろう。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です