【出版】電子書籍のメリットとその先

●本の自炊
紙の本を1枚ずつパラパラになるように裁断してそれをスキャンする。

 

それをPDFファイル(電子閲覧ファイル)に変換して、iphone・iPadなどタブレットやパソコンでも読める電子書籍にする。

 

それを自分でやるため、本の『自炊』という。

 

おかげで、フィジーはもちろんどこでもiPadで膨大な電子書籍を読めるようになった。

 

読書好きにとってこれはかなり役に立つ手法。

 

漫画でもビジネス書でも莫大な本棚・自分図書館を常に持ち歩いている感覚だ。

 

電子書籍の最大のメリットとしては、データは重さがないことと、一瞬で読みたいページまで飛べること。

 

マーカーを入れたり消したりすることができる。

 

まるでマイクロソフトのワードのように文字を検索できて、そこに飛べることは自炊をやっていて一番感動した。

 

今年になってから500冊以上の本を電子書籍化すべく、こつこつと自炊作業をしている。

(機材がバカ高いので500冊以上ないと赤字)

 

2016年は、芸術起業論として無名でも最強の武器となる『出版』についても講義できるように計画している。

 

電子書籍が浸透したことで、今では誰でも出版ができるからだ。

 

そしてそれを紙の一般書籍への布石にもマーケティング次第で可能になる。

 

 

●今回の『知覚動考』

 

思い立ったら、即、行動。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す