【人生】自由に旅しながら絵を描くライフスタイルの原点

こんにちは、川名慶彦です。

旅中、いろんな人との出会いが人生を楽しくさせますね。

 

思い立ったら即、行動

 

「あ、これおもしろそう」

そう思った瞬間から、それに向かって行動できる『自由自在性』を持っていることが理想である。

 

例えば、「蕎麦打ち、やってみたい」と思った時から、蕎麦打ちに必要な道具とノウハウをシュミレーションして、体現している自分を想像する。

 

そして、実際に脳と心身を使って、やってみる。

 

手打ちで蕎麦をつくった食感や香りなどを楽しむことも、粋な日本文化だが蕎麦打ちに限らず、「あ、これおもしろそう」と思えることに出合った時にすぐ取り組むことが重要に思える。

 

自分を信じることは、「直感に従うことができるかどうか」から始まる。

 

また、「旅をしながら絵を描くライフスタイルなんておもしろそう」という想像から、その実現の扉が現れる。

 

 

常識というフレームを叩き壊せ

 

「そんなこと無理でしょ!」「バカじゃないの?」「社会の常識を考えろ」など言われるようなことをあえて、真面目な信念を持ってやる。

 

「出る杭は打たれる」ことを覚悟で、真っ向から他人と己に勝負することで、常識というフレームを叩き壊す。

 

当然、実現できないかもしれないし、できるかもしれない。

 

しかし、実際にそれが体現できた時、本当の意味で自分を自分で誇れるようになる。

 

「冷静に考えたら、すごいことやってきたんだな」と。

 

僕の場合、幼少時代の夢だった「裸の大将で知られる山下清画伯」の人生をベースにした、「招待されるほどブランディングすることで、お金を使わない(逆にいただく)で旅をしながら好きに絵を描くアーティストライフスタイル」というぶっ飛んだ人生を謳歌している。

 

山下画伯のように旅で学んだことを、アートへと昇華させる。

 

その好循環の繰り返しが、最高速で人生を楽しくさせる源泉。

 

 

まとめ

 

「人生は誰かと競うものではないが、謳歌したもん勝ち」

自分で打った『手打ち蕎麦』を吟味しながら、しみじみそう思う。

 

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。
無料E-BOOKダウンロードページ

無料E-BOOK

この無料電子書籍では、「お金がない」「人脈がない」「才能がない」何も取り柄がない超凡人でも、好きなことで「テレビに出る」「本を出す」「世界を旅する」など夢を自由に楽しくかなえるための「成幸法則」をまとめました。

>ダウンロードページはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です