【植物】炎天下で肌が焼ける5時間焚き火

こんにちは。川名慶彦です。

ブタ白肌が真っ黒に焼けました。

 

昼間に焚き火でモクモク

 

自然の中にプチ移住してみると、人間の本来の力が目覚めてくるようだ。

 

実家が農家でもあるため、特に違和感なく溶け込めた緑の中。

 

だだっ広い敷地を畑にするために、木の伐採をした。

 

DSC_0253

 

こんな感じでプロ用チェーンソーを使って木の枝をドラム缶に入る長さに切る。

(間違って足を切ったら骨まで切れる)

 

そして、ひたすらドラム缶に投げ込み、灰になるまで燃やす。

 

DSC_0250

 

この作業を炎天下の下で連日5時間ほどやり続けてみた。

 

太陽の日で焼ける。

ドラム缶から漏れる火でも焼ける。

灰がサンダルに入って焼ける。

 

田舎や郊外の地で焚き火をするのはOKとのことだが、都会ではもちろんNG。

 

いつもあまり肌が焼けない方だが、これで「肌が白くて貧弱に見える」ということがなくなった。笑

 

 

まとめ

 

分割した巨木があっという間に炭になる。

炭から真っ白な灰になり、また土の中へ。

 

土から上に伸びて、土へと下に還っていく。

クルクルと自然の循環で回る植物から学ぶことは多い。

 

だから植物も自然も好き。

 

cover14

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

 


こんにちは、川名慶彦です。

僕は福島県生まれの田舎育ち、
銀座で働く元ブラック企業のサラリーマン。

今では脱サラして好きを仕事にすることで、
5ヶ国以上の国を自由に旅しながら、
月100万以上稼ぐことに成功しました。

お金も人脈も才能もコミュニケーション力もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
サラリーマンを辞めて好きなことで
独立起業するくらいの収入と
自由な時間は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって脱サラ起業して好きなことだけで
月収100万以上稼げるようになったのか、
テレビに出演してアーティストとしても成功できたのか、
20冊以上の本を出版して多くの起業家に
コンサルティングするようになったのかなど、
下記の記事で公開しています。

→ 『凡人の告白』ブラック企業ダメリーマン→月収100万アーティストのリアルな物語を読んでみる

常識がぶっ壊れる過激なメルマガをお届けしています。

→ 非常識な新世界を楽しみたい人はこちらの境地へ

 

 

期間限定プレゼント!

「23才の凡人がパソコン1台で脱サラ起業して
テレビ出演&自伝本を出版した」人生逆転成功物語

 

 

好きなことで自由に楽しく生きる成功方程式がストーリー形式で学べます。
本書は「ジェットコースターのような人生」を疑似体験できて
楽しく読めて学べると読者さんから好評です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す