【スプレーアート】テレビ東京:TVチャンピオン極~KIWAMI~スプレーアート王決定戦に川名慶彦が出演

こんにちは。

『テレビ東京』さんの『TVチャンピオン極』に解説者として出演しました、川名慶彦です。

 

番組の企画段階から入る

 

「突然ですが、テレビ東京の番組は出演可能でしょうか?」

「来月の●日か●日は収録可能でしょうか?」

 

度々、テレビスタッフの方からこういった依頼が突発的に来る。

 

「●日なら大丈夫ですね」

 

そう返事すると、一気に番組の制作が進み、あっという間に企画書が送られてくる。

 

対面や電話での打ち合わせを重ね、収録まで企画を練っていくわけだ。

 

 

プレイヤーではなく、解説者

 

今回、表立ってパフォーマンスする『アーティスト』『プレイヤー』としてではなく、『日本スプレーアート協会』の『会長』として出演した。

 

『プレイヤー』としては20代の頃に多々、出演してスポットライトを浴びてきたため、そろそろ『裏のプレイヤー』として出演してみたかったからだ。

 

収録中、『プレイヤー』では学べない貴重な体験をさせていただいた。

(お会いできる人には詳しくお話する)

 

 

 

今回のテレビ出演情報

 

テレビ放送日:10月13日(土)

放送時間:10時30分~11時

テレビ局:テレビ東京

番組名:TVチャンピオン極

URL:http://www.tv-tokyo.co.jp/tvchamp/

 

 

まとめ

 

テレビという媒体は影響力が強い。

 

「テレビ出演した」という経験だけでも人生に影響する。

 

まして今回、『テレビ番組企画』『人員選定』『解説者』という多方面からアイデアを出して、『プロデュースプレイヤー』という中間的な立場で出演したのでいろいろと勉強になった。

 

テレビ業界はかなり泥臭い部分がほとんどで、スタジオ設定・音響・映像という役割、つまりテレビに決して映らない『影武者』が多い。

 

なので、テレビに映る出演者は全体の1割ほどしかいなく、視聴者はスポットライトを浴びるものしか観れない。

 

ここで詳しくは暴露できない。

 

テレビ業界はブラックボックスそのものだと思うが、世の中の影響力が強いため出演するメリットは大きい。

 

そして、『スプレーアート』という文化を海外から引っ張り、『アーティスト』という『プレイヤー』を経て『日本スプレーアート協会』の会長として『解説者』へなることで、かなり認知度が上がったことを感じる。

 

脱サラしてここまでくるまで約10年。

 

紆余曲折を経ただけ、感無量である。

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は盆栽・陶芸・彫刻。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す