【思想】違法!?ハッカーの脳は世界をひっくり返す

元銀行のシステムエンジニア、川名慶彦です。

久しぶりに某有名IT製品をオリジナルな改造をしてみました。笑

 

意図してバグらせる

 

『ハッキング』という言葉は、例えば銀行のサーバー情報を盗んだり壊したりと、IT業界ではあまり良くない使われ方をする。

 

しかし、人生は「ハッキング的な言動ができる人が道を切り拓くことができる」と思える。

 

それは、今ある常識を破壊することで、今ない常識を創り出すキッカケとなるから。

 

そして、新しい世界観を生み出すためには、古い世界観を破壊する必要があるから。

 

思想を創り変えることも、人生を変えることも、「一旦、意図してバグらせる」という発想があるとスムーズにいく。

 

古い固定観念にとらわれて現状を打破できない人は、自分で自分の可能性をブロックしてしまっている。

 

だから、そのブロックをいい意味で砕くことができる脳・思想が少しでも加われば、思っているよりも簡単に問題は解決できるようになっていく。

 

 

世界観を革命する

 

次世代の生き方を創っていくのは、当然、年齢が若い人たちになる。

 

脳の柔軟性が高い彼らの少数派が、これまでにないぶっ飛んだ思想を持ち、新しい何かを創造していく。

 

次世代の革命家がオリジナルの世界観を構築していく過程から、多くを学ぶことができる人でありたい。

 

 

まとめ

 

『ハッキング』以外のIT関連のテクニックも、正確無比な方程式で成り立っている。

 

A×B=C

 

1つでも間違った原因があれば、完成形は狂ったものになる。

 

だから試行錯誤することで、バグを修正して、望んだ結果を出す。

 

人生もまた然り。

 

ある高校生ハッカーから学んだ『ハッキング的思想』で今後も人生を創造していこうと思った。

 

でも良い子のみんなは『ハッカー』の真似はしないように。笑

 

※My iPad Pro 128GB ホーム画面

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。
無料E-BOOKダウンロードページ

無料E-BOOK

この無料電子書籍では、「お金がない」「人脈がない」「才能がない」何も取り柄がない超凡人でも、好きなことで「テレビに出る」「本を出す」「世界を旅する」など夢を自由に楽しくかなえるための「成幸法則」をまとめました。

>ダウンロードページはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。