【思想】79才の元気に死ぬための生き方

超修行してきました、川名慶彦です。

今回は、高齢の友人交流について。

 

元気に死ぬにはどうするべきか?

 

「心身が不自由な状態で、長生きしても仕方がない」

 

そう考えて元気な心身を創っている「全員75才以上」というおもしろいイベント。

名前は、『ピンコロ』ツアー。

 

海外で知り合った人に誘われて、(僕はまだ30才なのだが)合流する流れになった。

 

「ピンピンコロリ」=「元気にピンピンしているうちにコロリと死ねたらいいね」を略して『ピンコロ』というらしい。笑

 

確かに参加している人みんな高齢だが全員、心も体もピンピンしていることは間違いない。

 

 

リスペクト・ジジババ

 

「お先に(あの世)行って待ってるわ。オホホ」

軽快な足取りで陽気な77才の洋子さん(仮名)。

 

「毎日、誰よりも人生、楽しんでますよ」

奇抜な服装で来た78才の健一さん(仮名)。

 

「まさか誕生日と重なるなんて」

傘寿のお祝いを受けてほほ笑む80才の慎二さん(仮名)。

 

ひょんなことから、75~80才の男女15名と奇妙な散歩をしてきた。

 

2016-09-30-10-23-20

 

 

長寿の秘訣は両足にあり

 

30代の僕は当然だが、高齢の方々の健脚には驚いた。

 

坂道でも石階段でも、速度を落とさずスタスタと歩いていく。

 

エスカレーター・バス・車など便利な乗り物がある現代、「時間をかけて歩くことに、ためらいがない」という思考を長年持ってきた人ばかり。

 

「心身に無理なく、たんたんと、歩く」

 

健康の秘訣は、実にシンプル。

 

要は、そのシンプルなことを、シンプルにできるかどうか。

 

 

ポジティブな宴会

 

みんな、暗黙のルールの上で自由に交流する。

 

タバコを吸う人はいない。

 

一日中、杖をついて歩く人もいない。背中が丸まっている人もいない。

 

国や他人や環境のせいにする人もいない。

世間体を気にする人も、他人に迎合する人もいない。

 

愚痴・不平不満などマイナス言葉を吐く人もいない。

50も年が離れていようとも、説教をする人もいない。

 

喜怒哀楽、感情のコントロールができない人もいない。

 

逆に、学生のようにハツラツとした言動を見せ、「なぜ、違和感なく貴君はここにいるの?」という同レベルの目線で接してくる。

 

それに対して、僕は「今の若者らしい」と思われる生き方や思想を提示する。

 

すると、今までにない刺激(価値観)を受けてまたイキイキとした心になっていく。

 

「ないものを受け合い、あるものを与え合う」

 

ライフスタイルの価値交換。

老若男女にある精神の好循環。

 

それが実現可能となってさらに高みへ導く、個々で自立した精神年齢の高い人たちとの御縁・巡り合わせには、感謝の念しかない。

 

やはり、精神年齢が高い人たちとの交流は居心地が良い。

 

 

まとめ

 

「人生、どれだけ、楽しめるか」

「後悔しないよう、一つ一つに全力を尽くせるか」

「そのために元気な心身は土台になる」

 

ここのみんなは、人生をこうポジティブに突き詰めている。

 

余分なことをできる限り削ぎ落とせば、自然とスマートな生き方になる。

 

一般的には『老年』『老人』と言われる70代・80代から吸収できた言動・思想が、僕を帰路に着くまで深く反芻させた。

 

やはり、人生の終焉は「意図的なピンピンコロリ」がベストだろうか。

 

「娘や息子は50代」というみんなの中に溶け込みながらの集合写真撮影。

 

2016-09-30-13-26-42-1

 

さて、30代どう楽しんでいこうかな。

 

2016-09-30-13-08-37

 

The following two tabs change content below.
アーティストとして起業する『芸術起業』というライフスタイルを提唱している当サイトの管理人。趣味は散歩・盆栽・陶芸・セルフカット。
無料E-BOOKダウンロードページ

無料E-BOOK

この無料電子書籍では、「お金がない」「人脈がない」「才能がない」何も取り柄がない超凡人でも、好きなことで「テレビに出る」「本を出す」「世界を旅する」など夢を自由に楽しくかなえるための「成幸法則」をまとめました。

>ダウンロードページはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です