【人生論】人間が抱く人生の幻想と真実

「人生は航海だ。

船長にすべての決定権がある。

船長は自分か?それとも他人か?

一度の人生、自分自身で自由に操縦したいものだ。」

 

お金・地位・名誉…それらの現実面を手にすれば
幸せな人生が送れると10年前は思っていた。

しかし、それは己を解放すればするほど
「幻想」だと気づくことになった。

お金を得るために時間と本心を売ることでも、
メディアに露出してスポットライトを浴びることでも、
周囲や権威者にチヤホヤと賞賛されることでも、ない。

 

僕が本当に欲していたことは
俯瞰した人生の道をコントロールできる「自由」だった。

それはまるで人生と名の航海で、
操縦席に座る「船長」になったかのようである。

行き先も、食事も、武器防具も、仲間も、
すべて船長が決定しなければならない。

 

人生の航海を他人に委ねることは、ある意味、楽であろう。

なぜならば、「自由」と一緒に「責任」が着いてくるからだ。

それでも、たった一度の人生ならば、
自分の船の行き先は自分で決定したいものである。

後悔しない最高の人生の航海を進むか否かを自分次第で
決められる「自由」が、人間には平等に与えられている。

 

tart1

 

北海道に着く道中、停電で4時間も止まった
新幹線の中でふと思ったこと。

これだから旅は、
人生の旅はオモシロイ。

コメントを残す